ホームページのアクセスが無ければ改善項目も見つかりません

LINEで送る
Pocket

Search ConsoleもAnalyticsもホームページのアクセスが無ければデータは集まりません

ホームページのアクセスを増やさずに他の項目を改善しても効果は少なくなります

ホームページは公開してしばらくすれば、ある程度のアクセスを獲得出来ないと、ホームページの改善についてのデータも集まりません。

そもそも、来店客のいないお店のレイアウトや陳列方法を変えても売上げは発生しません。お店を作る場合も、ホームページと同様にユーザーの動線を意識してユーザビリティの良いホームページを作成しますが、実際にユーザーが来て見ないと分からないことが多いのです。

しかし、ホームページを改善しようにも、アクセスが無ければ何もデータは得られません。売れるホームページにするには、まず、アクセスを確保しないといけません。

集客方法には、PPC広告、SEO、SNSなどの集客手段があります。PPC広告はコンバージョンの高いユーザーにピンポイントで打つことが出来れば効果があります。SNSは情報源として価値の高い人が拡散してくれれば効果が高くなります。SEOは良質なコンテンツの公開を継続するここと、外部リンクを得られると効果が高くなります。

アナリティクス

安定したアクセスを稼ぐにはSEOが最も有効です

PPC広告は出稿を止めると、売上げ無くなってしまいます。また、単価や利益率の高い商品じゃないと赤字になってしまう危険性もあります。SNSはバズれば一気にアクセスを伸ばすことが出来ますが、安定してバズることは出来ません。

その点、SEOはブラックハットSEOなど、危険な手法を採用していなければ、安定した順位を確保出来ます。

ホームページの公開直後からそこそこのアクセスがあれば、すぐにデータを下にページの改善に取り掛かることができますが、アクセスが無いと、公開してからSEOを行って、効果が出るまで3ヶ月程度かかってしまうので、ページの改善に取り掛かるのがとても遅くなってしまいます。

ホームページは制作段階で、ターゲットキーワードを決めて、そのキーワードで上位表示できるように制作するのがとても大切です。ターゲットキーワードで上位表示出来れば、CTRや直帰率やコンバージョンやヒートマップでページの離脱ポイントの改善がすぐに出来ます。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ