ホームページ公開後の更新や修正は重要な作業です

LINEで送る
Pocket

ホームページはデータで更新ポイントや修正箇所が見つかります

目  次

ホームページは納品時点で完成ではありません

ホームページ制作会社でも、ホームページ公開後のユーザーの動線を完全には予想できません。また、納品したらそれで終了で、データを元にホームページの改善を行わない制作会社がほとんどです。制作会社と保守管理契約書を締結しても、ページの修正は発注企業からの要請によるものだけで、制作会社がSearch Consoleヒートマップを使って積極的にホームページの問題点を見つけ出して改善すると言う事はありません。

ホームページを公開したらすぐに目標が達成出来る事はほとんどありません。Googleが検索順位を決定する要素であるアルゴリズムは200以上あると言われており、Googleの社員でも、なぜその順位なのか説明が出来ないほとになっています。ターゲットキーワードで予想していた順位に表示されることはほとんどなく、公開後に問題点を把握して、改善を積み重ねることで徐々に目標に近付いて行くのです。ホームページは改善する項目は全てデータで把握できますので、対策が有効だったかどうかも把握できます。

地道に地道に改善作業を続けて行くことでPDCAの管理サイクルが回りホームページはどんどん良くなります。

公開してから得られるデータを元に改善することがとても重要です。

改善

日々のページの更新、情報の追加は運営企業でお願いします

ホームページ公開後に新しいコンテンツを追加する作業は、基本的にホームページを運営している企業側でお願いします。

SEO対策を行う企業側では企業内にあるコンテンツを見つけ出すことは出来ません。コンテンツは企業内で仕事をしている人が見つけ出してホームページに掲載するのが、一番生々しい情報を掲載できるので、ベストです。

コンテンツは社内にあるユーザーにとって嬉しい情報なので、制作会社が勝手に作り出すことは出来ません。企業から情報をお聞きしてコンテンツを掲載することもできますが、現場で直接仕事をしている人では無いので、現場の生々しい情報では無くなるので、ユーザーの心に届きにくくなってしまいます。

WordPressで作成されたホームページは、ページの更新はBlogを更新する感覚で出来ますので、初心者でもとてもハードルが低く更新することができますので、兼務で良いので、是非WEB担当者を選任して下さい。

情報を発信している企業にとって、自社の商材は専門分野であるため、社内では当たり前と思うような情報は記載されていないことがほとんどです。しかし、一般のユーザーにとっては、理解できないことや、説明が不足しているようなことが良く有ります。

このような部分を指摘して、ユーザーが求めている情報の追記をして良質なコンテンツに改善します。

Googleは良質なコンテンツを掲載しているページを評価しますが、良質なコンテンツを大量に掲載しているサイトはドメインそのものを評価するようになります。そして、良質なコンテンツには、リンクが張られる可能性が高くなりますので、被リンクの評価も加わって検索上位に表示される可能性が高くなります。

ホームページは納品時点で完成品では無く、公開後にデータを元に修正を行うことと、社内で見つけ出したコンテンツを公開することがとても重要です。実際に成果を上げているホームページはWEB担当者が毎日のようにホームページを更新したり改善したりしているサイトです。公開後ほったらかしのホームページが成果を上げることはありません。

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ