制作実績をリンク集にしているWEB制作会社に発注してはいけません

LINEで送る
Pocket

制作したサイトへサイドバーやフッターからリンクするとペナルティです

サイドバーやフッターからリンクすると全てのアンカーテキストが同じになります

制作実績を制作会社のWEBサイトで公開することはあることです。しかし、多数の制作実績をサイドバーやフッターからリンクすると、制作会社のホームページすべてのページから同じアンカーテキストでリンクされることになります。

全てのアンカーテキストが同じと言う事は自然なリンクでは有り得ないことで、リンクを受けたサイトはペナルティの対象になってしまいます。

制作会社側はSEO対策の効果を期待してリンクを設置しているのだと思いますが、これは逆効果です。

このようなリンクを設置するWEB制作会社はSEOを売りにしていても、SEOのことを理解していない会社です。

このような施策は昔は効果がありましたが、ペンギンアップデート以降効果が無くなりました。このリンクを設置しているWEB制作会社は、最新のSEOを勉強していない会社です。

制作実績をリンク集にすると、コンテンツが無く発リンクばかりになります

制作実績をリンク集にすると、コンテンツがほとんど無く発リンクばかりのページになります。外部ドメインへの発リンクが一定の割合を越えると、価値の無いページと判断されます。価値の無いページからの発リンクも同様に価値の無いものです。ジャンルが関係なくリンクが張られているページは不自然なページです。

このようなリンクを設置されると、ページ本来の価値を落としてしまいます。Googleから悪質と判断されると、手動対策でデータベースから削除されてしまう可能性さえあります。

検索エンジンからの集客を期待して作成したホームページが公開早々にペナルティを受けてしまっては、制作会社に依頼した意味がありません。

リンク集を設置しているホームページ制作会社に発注してはいけません。ペナルティになる恐れがあることをしている会社に発注しないことが、良いWEB制作会社の選び方の一つの指標です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ