制作したWEBサイトを見つけてもらえなければ意味が無い

条件が合わなければ検索結果に表示されません

生命が存在する惑星には条件があります

星

宇宙には無数の星があります。その星の中から生命が存在する可能性のある惑星を見つけ出すには、生命が存在する条件を満たす星を見つけ出す必要があります。その条件には、恒星からの光や地熱などのエネルギー源が存在すること、そして、もう一つは、なによりなくてはならないもの、液体の水の存在です。液体の水が惑星上に存在するためには、惑星の大きさと恒星からの適切な距離が必要です。さらに、重力や地表温度が液体の水の存在を可能にする程度でなければなりません。

このような条件を満たす星を見つけ出し、より生命の存在の可能性が高い星から順番に天文学者は観測して行きます。

検索キーワードにヒットするのにも条件があります

ユーザーが特定のキーワードで検索した時に、Googleは検索キーワードの条件により合ったページを順番に並べます。Googleはユーザーが入力したキーワードの検索意図を読み取って、どんな情報を求めているのか考えます。そして、その検索意図に合ったWEBサイトを表示するのです。

そのキーワードに合う条件を見つけ出すのに利用するのは、ホームページに書かれているテキスト(文章)です。そして、Googleが特に重視するテキストの部分は、title、description、hタグです。例えばtitleタグに企業名だけなど、固有名詞しか記載されていないと、ユーザーの検索意図に合ったホームページの条件を放棄しているようなものです。

titleに企業名しか記載されていないと、企業名でしかGoogleにヒットしません。そうなると、ホームページを訪問する人は、すでに企業を知っている人が名刺交換をした人などに限られてしまい、新規ユーザーを獲得することは不可能になります。

どんなに美しいホームページでもテキストが無ければ検索に表示されません

どれだけ美しい画像で埋め尽くされたホームページでも、人間には訴求できるかもしれませんが、Googleには白い紙が貼られているのと同じなのです。今後GoogleのAIが進歩して画像の品質も判断するようになる可能性はあり、今後検索アルゴリズムに画像の品質が加わる可能性はありますが、今現在では、画像は検索の対象にはなっていません。人間に見てもらえれば説得力のあるホームページでも、白い紙しか貼られていないホームページをGoogleは評価しません。評価されないWEBサイトは検索で上位に表示されることは無く、検索でヒットしなければ、人間に見てもらえる可能性は限りなく0に近くなってしまいます。お客様に見てもらえる可能性が限りなく0に近いホームページに投資するのは、無駄でしかありません。

交通量のある通りにショップを出さなければ来店客もありません

交通

リアルの店舗のことをイメージしていただければ分かり易いですが、店舗を出店する場合には、出来るだけ人通りの多いところに店舗を出店したいと考えるものです。これは通行量が多い程、来店客も多いと考えるからです。インターネットでも同様で、交通量のある通りにWEBサイトを掲載しないと、顧客の流入は期待できません。インターネット上で顧客の流入を決定するのは、検索キーワードです。商品の情報を検索しているであろうキーワードで適切に上位に表示されることが、良質な顧客の獲得になります。

さらに検索キーワードは、複合キーワードのような絞込みをされている場合は、さらにユーザーの購買の確率が高くなり、コンバージョン(購入数÷訪問数)の高いユーザーを獲得できます。

自社にとって最も良い顧客を獲得するキーワードを選定して、検索エンジンで上位に表示させることがWEB制作の重要なポイントです。

検索に表示さなければ、広告を使うことになります

Googleの検索結果で望むキーワードで上位表示されないと、そのまま諦めてしまうか、リスティング広告を使って、アクセス数を確保する方法もありますが、広告のクリック単価やコンバージョンの関係から広告費が売上総利益を上回ってしまう場合もあります。売上総利益を上回らないとしても、アクセスを得るためには、広告を掲載し続けなければいけないので、広告費で疲弊してしまうことがよくあります。

広告を利用するには、売上総利益率がすごく高いか、コンバージョンが高いなど、特殊な条件が揃わないと難しいので、あまりお勧めできません。

WEB制作会社を選定する場合は、検索エンジンで上位に表示してくれる会社を選びましょう

ホームページは制作コストも維持管理費も低く抑えることが出来るので、多くの企業がすでに公開していますが、ほとんどが自己満足でお客様に来店してもらえていないものが多いように感じています。検索エンジンに狙ったキーワードで上位に表示できなければ、どんなに美しいホームページを作ってもムダなことで、単に経費を浪費しただけになってしまいます。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します

商品には品質保証が当たり前です

通常ホームページには品質保証がありません

ホームページは何が品質なのか、とても不明確です。発注する企業側でも何を持って高品質と判断するのか、評価基準が定まっていません。

企業側の評価基準が定まっていないので、WEB制作会社の良し悪しの判断も出来ない状態です。

通常の商品は一定水準の性能を保証しています。ところがホームページは公開してからの更新に依存する部分が多いので、品質を保証することが難しいと言う問題があります。

しかし、更新を続けてホームページがどんどんブラッシュアップされる前でも最低限保証する品質はあると思っています。

それは、ターゲットキーワードの検索順位であったりアクセス数であったり、コンバージョン率であったりします。ホームページ制作会社から納品されて、更新を続ければ続けるほどどの数値も良くなりますが、更新するモチベーションが生まれる最低限の状態の水準まで、ホームページの修正を重ねるのがホームページ制作会社の品質保証だと考えます。

最低限の水準は制作会社と発注企業ですり合わせして、目標を共有します。共有した目標が達成されるまで、追加料金無しで修正作業をします。

品質保証

ホームページは公開してみないと分からないことがたくさんあります

自然に目標を共有して、ホームページの制作をしても、実際に公開してみないと、目標とどの程度の差が生じるかは分かりません。

公開後どうなるか分からない状態のままで制作を終了して、制作会社の手を離れるのは、あまりにも無責任だと思います。

ホームページ制作会社は品質保証と言う概念が無い業界なのです。しかし、発注企業は対価を払う訳で、品質保証がされていないと言う事は、納品されたホームページを公開しても全く成果が無いかも知れないと言う事で、そのようなリスクの高い商品に企業の大切なお金を使うのは、普通なら有り得ません。

発注する企業にしてみれば、投下した資金に対してどれだけのリターンがあるのかをある程度読めないと投資は出来ないはずです。しかし、ホームページだけは、そのようなロジックは存在していませんでした。

ホームページ制作会社が自己満足のホームページを作って、成果については何も保証せずに報酬だけは受け取るような商慣行は間違いです。

公開したホームページがGoogleに適正に評価されるのに最低3ヶ月程度はかかりますので、修正作業も最低3ヶ月は行います。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ターゲットキーワードを明確に設定します

どのキーワードで検索にヒットさせるかを明確に設定します

濃厚なユーザーを集客します

例えば「ファッション」の月間検索数は10万~100万件ありますが、「ファッション」で検索しているユーザーは具体的に商品を絞り込んでおらず、検索で上位に表示されても購入に繋がることはほとんど無いでしょう。これが「レディースカットソー」になると、月間検索数は100~1000件になりますが、ユーザーは商品のイメージがかなり絞り込まれていて、訪問したユーザーのコンバージョンは「ファッション」で来店したユーザーよりかなり高くなります。

これがさらに絞り込まれたキーワードになれば、もっとコンバージョンが高い濃厚なユーザーになります。

リアル店舗では売り場効率の問題がありました

リアル店舗の場合、商圏があり、ニーズの低い商品を商品棚に並べると効率が悪くなって採算が合わなくなります。しかし、インターネットでは、売り場はレンタルサーバーの要量まで使えるので、ほとんどの場合無限と言って良いでしょう。さらに商圏と言う問題も存在しないので、検索数の少ないロングテール・キーワードでも十分に商売が成り立つようになりました。

ビッグキーワードで検索上位を実現するには、年単位の取り組みが必要になりますが、ロングテール・キーワードであれば、短期間で効果が出ます。最終的にはビッグキーワードで上位を目指す場合でも、最初はロングテール・キーワードで上位表示を実現し、少しずつ検索ボリュームの大きいキーワードで上位表示を狙って行くのが良いでしょう。

ターゲットキーワード

ターゲットキーワードを設定します

ホームページの制作をする場合には、ターゲットキーワードを検索ボリュームと合わせて複数ご提案いたしますので、提案したキーワードから実際に上位を狙うキーワードをお決め下さい。検索ヴォリュームはGoogle・Adwordsのキーワードプランナーで調べることができます。

決めて頂いたキーワードでSEO対策を施したホームページを制作いたします。ホームページを公開後、Googleにインデックスされた段階で検索順位を確認して、設定している順位に達していない場合は調整し、順位が達成出来るまで調整を継続いたします。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

良質なWEBコンテンツが検索エンジンからの評価を高める

Googleはコンテンツを被リンクと同等に評価します

良質なWEBコンテンツの掲載は必須です

2012年3月にGoogleは「コンテンツが充実していないのにSEO(検索エンジン最適化)が上手なサイトと、SEOは出来ていないけれど、充実したコンテンツを持っているサイトの条件を平等にする」と発表しています。

それまで、IP分散被リンクの構築などのブラックハットSEOが席巻していましたが、ペンギン・アップデードで軒並みペナルティを食らい圏外へと追いやられました。

さらに低品質なコンテンツに対して、パンダ・アップデートが実施され、中身の無いコンテンツの順位が落とされました。オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページは評価されません。美しい画像だけで作られたWEBサイトは、テキストとしてのコンテンツが無いので、Googleからの評価を得ることは出来ません。さらに低品質なコンテンツと評価されると検索順位が下がる可能性もあります。

コンテンツとはユーザーにとって嬉しい情報です

例えば新聞記事はコンテンツです。広告欄に掲載されているのはコマーシャルです。テレビ番組はコンテンツで、コマーシャルは文字通りコマーシャルです。コンテンツは見たい、読みたいとユーザーが思う情報で、ユーザーにとって嬉しい情報です。

これまでのECサイトには、ただひたすら商品が良いと言い続けるコマーシャルだけが掲載されていました。もしも、テレビ番組がコマーシャルしか放送されなかったらどうしますか?こんな状態がECサイトでは起こっているのです。ユーザーが望んでいないのに一方的に送りつけてくるコマーシャルをユーザーは拒否するようになって来ました。

ユーザーが現在使っている商品に対して漠然とした不満を持っていて、その不満を解決できる商品を探しているとしましょう。あるサイトにその不満の原因について詳しく書かれていたとします。そして、その不満の原因を解決できる構造や商品についても書かれていると、そのショップのことを良いなと思うようになります。

そのようなユーザーが抱えている問題を解決できる情報を掲載して、そのコンテンツを読んだユーザーが嬉しくなるような情報を公開するようになると、長い時間をかけてファンを増やすことが出来るようになります。

商品を取り扱っているからこそ分かる、プロとしての高い専門性をユーザーに伝えることで、この分野の商品なら、この店長が勧める商品なら間違いないと感じさせることができます。このプロとしての専門性は、商品を取り扱っている企業には当然持っている情報のはずで、このプロとしての専門性が無ければアマチュアです。

このような良質なWEBコンテンツを大量に蓄積できるようになると、いろんな疑問に対する解決策を掲載しているので、色んな角度の疑問を感じているたくさんのユーザーをファンとして確保できます。

マーケティングにつながるコンテンツ

ユーザーにとって嬉しい情報は、ユーザーをファンにし、固定客になってくれる情報です。良質なコンテンツを掲載することによって、コマーシャルしか掲載されていないセリングから、マーケティングへと変化し、コンテンツマーケティングが成立するようになります。望まないユーザーに一方的に商品が良いと言い続けるコマーシャルを拒否するユーザーが増える中、コンテンツマーケティングが有効に働くようになって来ています。

コンテンツを掲載するとSNSで共有されたりリンクをもらえるようになります

掲載したコンテンツをユーザーに読んでもらって、ユーザーが納得したり、感心したりすると、SNSで共有されたり、Blogからリンクを張ってもらえる可能性があります。Facebookの「いいね」は非リンクとしてカウントされませんが、はてなブックマークやGoogle+は被リンクとしてカウントされます。さらにBlogからリンクをもらえるようになると、被リンクによってWEBサイトの評価が上がり、検索順位が上がって行きます。さらに良質なコンテンツを掲載することでもGoogleから評価され、相乗効果で検索順位が上がります。

コンテンツを増やせば増やすほど、被リンクが増え、Googleからの評価が上がり、コンテンツの評価も上がると言う循環が回り始めて、検索順位がどんどん上がって行きます。

コンテンツ

ホームページ、WEB制作を依頼する場合はコンテンツの掲載をする会社に依頼しましょう

ホームページ、WEB制作を依頼する会社がコンテンツの掲載について考えていない会社だと、検索順位が上がって行くスパイラルを作り出すことが出来ません。コンテンツの評価と被リンクの両方の効果を獲得できないと、検索順位を上げるのはとても大変になります。

検索順位について意識していないWEB制作会社だと、コンテンツの掲載にもほとんど意識が無いと思います。コンテンツにも検索順位にも意識が無いWEB制作会社は、ユーザーにデザインやキャッチコピーで訴求しようと考えていると思いますが、それはユーザーの目に触れて初めて効果を発揮するのですが、残念なことにインターネットでは、企業とユーザーの間に検索エンジンが介在するのです。

どんなに美しいデザインのホームページを作っても、ユーザーとの仲介をする検索エンジンが理解できないホームページだと、仲介する検索エンジンが仲介手続きをしてくれません。検索エンジンが仲介してくれないと、そのホームページはインターネット上に存在しないのと同じことになってしまうのです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

日本人の奥ゆかしさはホームページに必要ありません

持っている技術を記載することは当然のことです

自分自身の凄さを表現しない日本人の奥ゆかしさはホームページでは必要ありません

自分に優れた部分があっても、それをひけらかすことをしない日本人の奥ゆかしさは美徳とされるものですが、それは、口で表現しなくても、行動の中から自然に他の人たちに伝わるので、さりげなく自分の能力を伝えることが出来るからです。これは、対象となる人が身近に居ることが条件です。

しかし、ホームページはページに記載されていることが全てです。ホームページに記載されていない情報がページのデザインから自然にユーザーに伝わって、高度な技術を持っていることが伝わるなどと言う事は絶対にありません。ホームページはユーザーと直接接することは出来ませんので、高度なプロとしての専門性などが、さりげない行動から滲み出て、ユーザーに伝わるなどと言う事は有り得ないのです。

自社が持っている技術や、プロとしての高い専門知識を記載することは、技術をひけらかすようで抵抗を感じる方もあるかも知れませんが、記載しなければ、あなたの企業の良さを伝えることは絶対に出来ないのです。

インターネットは日本の商慣行とは全く別次元のツールです。日本的な感覚のまま、ホームページを作成すると、企業の強みを全くユーザーに伝えないページになってしまい、多くの競合他社に埋もれてしまうのです。実際、多くのホームページが詳しい技術的な優位や高いプロとしての専門知識を公開していないホームページばかりになって、どのサイトを見てもほとんど同じようなページばかりになっているのです。

自然

ホームページでは企業の持っているものを表現し尽くして下さい

ホームページは商品カタログとは違います。商品カタログには営業マンが付いて行って、補足説明します。商品カタログに記載されている情報だけでは商談成立にはならないのです。

ホームページはホームページのみで商談成立にならなければ、機能を果たしているとは言えません。ホームページを読んでもユーザーに不明点が残るようでは商談成立にはなりません。営業マンのセールストークもホームページに掲載しないと商談成立にはならないのです。

ホームページには商品や企業の情報を余すことなく、全て掲載されていないといけないのです。ホームページは企業の分身でないといけないのです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

企業やWEBサイトには存在理由があります

数々の不況を乗り越えてきた企業には存在価値があります

価値が無ければ淘汰されています

ここまで、業暦が長い企業は、数々の不景気を乗り越えて生き残って来たわけです。これは、その企業に存在価値があったから、生き残って来たのです。存在価値が無ければ淘汰されて、市場から退場していたはずです。

生き残った企業の存在価値は、取引先やユーザーにとって、メリットがあり、取引先やユーザーに対して何かしらのベネフィットを与えて来たからです。取引先にとって、メリットが無ければ取引は打ち切られているはずで、他社には無いメリットを提供していたからここまで生き残って来たのです。

他社には無い、強みやユーザーに与えているベネフィットは企業として明確に気付いていることもありますが、自分が行っていることについて気付いていない場合もあります。

WEB制作でもベネフィットを明確に表現する必要があります

企業として、ホームページを制作する際には、企業がユーザーに提供できるベネフィットを明確に表現し、ユーザーに確実に伝えないと、コンバージョンに繋がりません。ホームページに記載するベネフィットは企業のホームページの存在理由でもあります。

存在理由の無いホームページはユニークでオリジナリティのあるものにはならず、検索結果にも表示されません。

存在理由は、他社と差別化できる強みです。競争優位はユーザーにとってのメリットになります。存在理由を明確に表現出来ないと、他社との違いをユーザーに伝えることが出来ず、価格競争に巻き込まれてしまいます。

存在価値

自社の存在価値を伝えられないと価格競争に巻き込まれます

ある商品を探して検索結果の上位から順番にWEBサイトを見ても、どのショップが良いのか、さっぱり分からないと言う経験をされたことは多いのではないでしょうか?

どのショップがどんな強みがあるのか一見して分からないことが多くあります。ショップの強みやユーザーが享受できるベネフィットが明確に記載されず、ユーザーに伝わらないと、ユーザーはどこで買っても同じだ!と判断してしまいます。そうなると、より価格の安いショップから購入しようと思います。こうなってしまうと、価格を下げないと商品が売れない状態になってしまうので、価格競争に巻き込まれて行きます。

自分のショップの存在理由やユーザーに与えることができるベネフィットをユーザーがWEBサイトを訪問して最初に目に触れる部分に確実に記載しておく必要があります。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページは企業の分身です

ホームページは企業の全てを表現するものです

ホームページに掲載するのは企業そのものです

ホームページに掲載する情報は商品カタログに掲載されている情報と同等では全く情報不足です。ホームページが営業マンであれば、「商談成立!」になるまでのセールストークも全て掲載しないと、ユーザーが商品を購入してくれることはありません。

ユーザーにとって価値ある情報を掲載するのであれば、企業で行っている全てのことを掲載する必要があります。それは、企業で行っている事は全てがお客様のためであり、ユーザーファーストであるはずなので、企業内で行っていることは全てコンテンツになるはずだからです。

ホームページはSEO対策でターゲットキーワードを決めて作成しますが、コンテンツをたくさん掲載すると、ターゲットキーワードに含まれない、予想外のキーワードでのアクセスも得られるようになります。その予想外のキーワードはロングテールキーワードで、ユーザーはその情報を強く欲しています。そのキーワードで訪れたユーザーにとってまさに望む情報が掲載されていれば、ユーザーはその企業に対して大きな信頼感を感じます。そして、長期間かけて色んなコンテンツに触れてファンになって行きます。
ユーザーにとって価値ある情報

全てお客様のための企業活動

企業はお客様に喜んでいただける商品やサービスの提供を常に心がけています。ユーザーにとって価値ある商品やサービスが何かを常に考えているはずです。そのユーザーにとって価値ある商品やサービスを採用するに当たって考えたプロセスの中に、プロとしての商品やサービスに対する高い専門性や見地があるはずです。

単に商品カタログに掲載されている商品説明だけでなく、何故その商品をお客様に勧めるのか、何故その商品を採用したのか、それは、既存の商品とどんな違いがあるのか、社内で議論したプロセスなどもユーザーが知ることが出来ると、とても価値のあるコンテンツです。

さらに自社では扱わないと決めた商品についても、具体的な商品名は挙げる必要はありませんが、どんな特性を持った商品はお客様に勧めないのか、企業としてのスタンスをユーザーに伝えることは企業としての存在理由を明確にすることになります。

ユーザーにとって価値ある商品やサービスを提供しようと言うのは、どこの企業でもほとんど当たり前のことだと思いますが、その根底にある自社にとってお客様に勧める商品の基準やユーザーが得られるベネフィットに対する考え方をホームページでほとんど表明していません。

ユーザーは共感できる企業から商品を購入したいと思っています

ユーザーは商品を購入する時に、少しでも共感度の高い企業から商品を購入したいと思っています。つまりユーザーが応援したいと思っている企業から購入すると言うことです。その応援したい企業は、たまたま商品を購入した時のメール対応や配送の精度だったり、商品に同封された一文がきっかけだったのかも知れません。

しかし、それらは商品を購入してから分かることで、ホームページに発注が無ければユーザーは分かりません。この企業がユーザーを大切に思っていること、ユーザーを大切にしている具体的な行動をホームページ上で公開しないと、なかなか自社のホームページから商品やサービスを購入してもらえません。

インターネットが普及する前は企業が持っている情報は出来る限り隠すものでした。ところがインターネットで情報をユーザーが検索するようになると、情報を公開すればするほどアクセスが増えるようになりました。昔の考えで情報を公開しない企業はホームページを開設しても、アクセスは伸びず開店休業状態に追い込まれます。

それは、どれだけ美しいデザインや動画を配置したホームページであっても、情報を公開していなければ、検索キーワードにヒットしないからです。

情報は出せば出すほど、予想外のキーワードでのアクセスがどんどん伸びて行きます。予想外のキーワードで来店するユーザーは競合他社と比較することはあまりありません。予想外のキーワードで来店するユーザーは捜し求めていた情報にやっと辿り着けたユーザーなので、その情報について詳細な中身を公開しているホームページをとても貴重なサイトだと思ってくれます。

そのようなユーザーにとって価値ある情報を掲載している企業は、そのユーザーにとって応援したい企業なのです。ユーザーは一度応援したいと思った企業は継続して商品を購入してくれます。

つまり、コンテンツを公開すればするほどリピート顧客が増えて行くのです。ですから、企業内部で行っていることはほぼ全て公開するつもりで、ホームページを作成しましょう。これまでのホームページのようにただ美しいだけで、情報が薄っぺらいホームページでは無く、情報がびっしりと詰まった濃厚なホームページを目指しましょう。

そのためには、企業内でもホームページの情報を追加出来る担当者を是非選任して下さい。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

良質なコンテンツの掲載が最強のSEOです

コンテンツの充実は最強のSEOです

コマーシャルからユーザーにとって価値ある情報への変化

2012年3月にGoogleは「コンテンツが充実していないのにSEOが上手なサイトと、SEOは出来ていないけれど、充実したコンテンツを持っているサイトの条件を平等にする」と発表しています。

これ以前には、IP分散の外部リンクの設置などのブラックハットSEOが隆盛を極めていましたが、ペンギンアップデートで自作自演リンクなどのブラックハットSEOが一掃されました。

これにより、SEOは充実した良質なコンテンツを掲載することに重点が置かれるようになって来ました。コンテンツとは直訳すると中身です。例えば、新聞記事はコンテンツです。広告欄はコマーシャルです。テレビ番組はコンテンツで、コマーシャルは文字通りコマーシャルです。こう考えると、ほとんどのECサイトはコマーシャルで埋め尽くされています。

コマーシャルはユーザーが望んでいなくても、一方的に送りつけられるもので、ただひたすらに商品が良いと訴え続けます。インターネット以前には、ユーザーが得られる情報が少なかったので、コマーシャルも貴重な情報源でしたが、インターネットが普及して、情報が溢れるようになり、ユーザーが自ら情報を求めて検索するようになると、一方的に送りつけられるコマーシャルを拒否するようになって来ました。

コマーシャルは限られた掲載スペースや限られた放送時間でユーザーに商品の良さを伝えるために、キャッチーなコピーが考えられるようになりました。このコマーシャルの考え方がそのままホームページにも適用されて、ほとんどテキストの無い、画像ばかりのホームページが作られるようになったのです。企業側もユーザーは長文を読まないと決め込んでいます。

しかし、ユーザーは情報を求めて検索しているのです。ユーザーが求めて検索している回答はできるだけ詳しい情報が欲しいと考えているのです。

ユーザーが求めている情報は出来る限り詳しく知りたい

ユーザーは検索した質問に対する回答をできるだけ詳しく知りたいと考えているのに、未だにほとんど画像で埋め尽くされたホームページが当たり前のように公開され続けているのは全くのミスマッチです。

コンテンツとは、ユーザーの質問に対する回答で、ユーザーにとって価値があり、その文章を読むことで嬉しくなるような情報です。

すぐ商品を買いたいユーザーにはコマーシャルで良いのですが、今すぐに商品を買う訳ではないけれど、今使っている商品に対して漠然とした不満や問題を感じているユーザーが検索するキーワードに対する回答は、プロとしての高い専門性によって公開される情報です。そのような高い専門性から導き出されたコンテンツを読んだユーザーは、その情報によって、そのショップに対して信頼感を感じるようになります。

さらにコンテンツの公開を続けて行くと、次々と公開されるコンテンツを読んだユーザーはこの専門家が勧める商品なら間違い無いと言う強い信頼を寄せるようになり、ショップのファンになってくれます。そして、このようなファンが次第に増えて固定客を獲得できるようになるのです。

資産

コンテンツは資産として積みあがって行きます

リスティング広告は短期的な売上げ確保には有効ですが、広告費の支払いを停止すれば、アクセスも売上げも停止してしまいます。

しかし、コンテンツは一度公開すると、同様のキーワードで質問したユーザーがコンテンツを読んでファンになってくれます。そして、コンテンツは最初の制作コストを除けば掲載にはほとんどコストがかかりません。

なので、コンテンツを一度作ってしまえば、半永久的にアクセスやコンバージョンを生み出してくれます。

さらにコンテンツをどんどん掲載して行くと、一つ一つのコンテンツが稼ぎ出すアクセスは少なくてもねコンテンツが分厚く積もると大きなアクセスを生み出すようになります。

以前に作ったコンテンツの効果が失われることはありませんので、コンテンツの制作は常に+に作用します。

企業には必ずコンテンツがあります

リアルで企業経営を続けて来た企業は、これまで数々の不景気を乗り越えて来て、それでもお客様に選ばれる何かしらのコンテンツがあります。コンテンツが無い企業であれば、とっくに市場から退場しているはずで、ここまで生き残って来ている企業には必ずコンテンツがあります。

企業として、ここまで生き残って来た根源にあるプロとしての高い専門性は何か、コアコンピタンスをユーザーに分かり易く説明するなど、いろんなコンテンツの公開の方法があります。企業内で行われていることはほぼ全てがコンテンツになります。企業内で行っていることで、ユーザーにとって嬉しい情報は何かを考えて公開して下さい。

ホームページ制作にあたっても、必ずユーザーにとって価値ある情報を出して頂きホームページに掲載いたします。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページはコンテンツ不足です

更新を続けられていればコンテンツが豊富にあるはずですが

コンテンツとはユーザーにとって嬉しい情報です

ホームページの基本になるのは商品カタログです。商品カタログは印刷できる紙の面積の関係で、元々が情報不足です。ほとんどのホームページは商品カタログと同等の情報しか掲載されていません。営業マンは商品カタログを持って得意先を訪問すると、補足説明としてセールストークをします。

このセールストークも含めてホームページに掲載しないと、ホームページで商談成立とはなりません。しかし、セールストークまでは掲載されておらず、ホームページは完結しません。さらに、セールストークはコンテンツでは無く、コマーシャルです。

ホームページの運営を続けていると、コマーシャルばかりが増えて行きます。商品は本来、お客様にとって嬉しいものであったり、問題を解決してくれるものであったりするはずですが、企業目線で情報発信すると、コマーシャルになってしまいます。

コンテンツ

ユーザーは企業から一方的に商品の良さを伝えるコマーシャルを拒否する傾向になっています。しかし、ユーザーの生活の中で感じる問題を解決できる方法などを検索していて、その回答を求めているのです。

企業目線でただひたすらに商品が良いと言い続けるコマーシャルでは無く、ユーザーの疑問や問題を解決できる情報の公開を続けることが出来れば、コンテンツがたくさん積み上がった、良質なサイトになります。

良質なWEBコンテンツを大量に持っているサイトはユーザーもファンになってくれますし、Googleもコンテンツを評価して検索順位を上位に表示してくれるようになります。

同じ情報を掲載するにも、企業目線では無く、ユーザー目線で情報を公開するようにして行けば、コンテンツがどんどん増えて行くはずです。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

コンテンツはSNSの共有やリンクをもらえることもあります

コンテンツが良質であれば拡散されます

ユーザーにとって価値があればあるほど高い効果があります

ユーザーにとって価値ある情報やユーザーにとって嬉しい情報がコンテンツですが、コンテンツを継続して公開していると、中にはSNSで共有されたり、blogからリンクされたりするコンテンツが出てきます。SNSで共有され拡散されれで一時的にアクセスが大きくなる「バズる」と言う状態になります。

一度「バズる」としばらくはアクセスが増えた状態になり、その中から継続的にコンテンツを読みに来てくれるユーザーも現れます。ただ、個人で発信する情報の場合は「バズる」ことを狙った記事を書くことも出来ますが、企業が発信するコンテンツの場合、「バズる」ことはなかなか難しいと思います。

リンクまた、blogからのリンクはSEO対策にも効果の高いものです。有料リンクの購入や自作自演リンクには厳しいペナルティが課せられるようになっているので、自然発生のリンクを獲得できるのはとても貴重なことです。しかし、blogなどからリンクをもらえるのは、簡単なことではありません。かなりの量のコンテンツの公開をしていないと、リンクをもらえることは無いと考えていた方が良いでしょう。あまりに短期的にリンクをもらえたり、発注に繋がると考えてコンテンツの公開をしていると、早々に裏切られます。コンテンツが効果を発揮するにはとても長いスパンが必要です。効果が無いからとすぐに止めてしまわないように気をつけて継続して下さい。

しかし、短期的にリンクがもらえなくても、気長にコンテンツの公開を継続して行うことで、固定的にコンテンツを読んでくれるユーザーも出てきます。コンテンツを読んだユーザーが企業のプロとしての高い専門性に共感してくれたりして、ファンになってくれることもあります。

ユーザーの質問への回答がコンテンツです

ユーザーは生活の中で疑問に思ったことを検索窓に入れて検索します。そのユーザーの疑問への回答がコンテンツです。

ユーザーが自社の商品や技術について、どんな疑問や問題を感じているかを考えて、回答をコンテンツとして公開します。ユーザーが長い間疑問に思っていたことの回答に巡り合うととても嬉しく感じます。その回答はできる限り詳しく記載しましょう。ユーザーは疑問について、納得できる回答を求めていますので、コンテンツが長文になっても納得できる情報であれば、必ず読んでくれます。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・初期の目標が達成できるまで追加料金無しで修正します ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です