ホームページを制作する目的

ホームページを作成する目的を明確にする

誰にどんなベネフィットを与えるのか

知り合いの企業がホームページを開設しているから。などと言う理由でホームページを開設する人はほとんどいないと思いますが、ホームページを作成するにあたって、目的が明確で無い場合があります。

自分の会社のホームページの具体的なお客様はどんな人で、その人にどんなベネフィット(メリット)を与えるホームページを作成するのかがブレていると、最適なユーザーも集まりませんので、当然成果も上がりません。

ホームページを作ったけれど、全く効果が無いと言うのは、狙う的がぼやけているのです。狙う的がピンポイントに見えていないと、的の中心には当たりません。狙うはずの的の中心を外したホームページは、本来狙うユーザーを集めることが出来ませんし、集めたユーザーに対して、情報を十分に伝えることが出来ません。

目的

企業としては、売上げアップ、認知度向上だと思いますが、

ホームページを作成する企業の立場とすれば、売上げ向上、認知度向上だと思いますが、それを実現するには、ユーザーとの間にGoogleが存在しています。Googleが検索エンジンの90%以上を占めていますので、Googleと言って良いでしょう。

お客様に認知してもらうにも、売上げを上げるにも、まずは、ユーザーの間にいるGoogleに正しく認識してもらって、ユーザーにとって価値あるホームページであることを理解してもらうようにしないといけません。

Googleはユーザーファーストです

Googleは常にユーザーファーストです。検索結果には検索キーワードの回答として、ユーザーにとって最も良いと思われる検索結果から順番に表示します。

Googleと同様にホームページもユーザーファーストにするべきです。ユーザーにとって価値ある情報を提供する。そしてホームページの情報やお客様に購入いただく商品を通してベネフィットを提供することです。

ユーザーにとって価値の無いものは、淘汰されて市場から消えて行きます。ホームページも同様で、ユーザーにとって価値の無いホームページは誰からも見向いてもらえなくなるのです。

自社のホームページがユーザーに提供できる価値は何なのかを十分に考えてホームページの作成に取り掛かるようにして下さい。

物理的な目標も明確にする

ホームページは、商品やサービスを販売する。資料請求、サンプル請求してもらう。問い合わせを受ける。などの物理的な目標も設定できます。ホームページ開設後、半年、1年後などにどの程度の数値を達成するのかを目標として設定することも重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

誰に見て欲しいのか明確にする

ホームページは誰に読んでもらうのか明確でないといけません

見て欲しい

ターゲットが明確で無いホームページは誰の心にも届きません

誰に見て欲しいホームページなのか分からないホームページでは伝えたい情報がユーザーに上手く伝わらず、存在価値が半減してしまいます。ホームページを見て欲しいターゲットが明確になっていれば、ホームページで訴える内容も明確に絞り込んだものになりますしターゲットに情報が的確に届きます。

誰をターゲットにしているのか分からないホームページは的の中心を狙っていないのと同じです。的の中心を外していては、せっかくホームページを作っても大きな効果は期待できません。ホームページ制作に費やした労力もかなり無駄になります。

どんなお客様にどんなベネフィットを提供するのかを明確にして、そのお客様へ最適なコンテンツを掲載するようにしましょう。ユーザーは何かに不満を持っているか、不足を感じているから新たな商品や新たな取引先を探しているのです。

あなたの企業のお客様の年齢、性別、ライフスタイルなどはどんな人で、どんな問題を抱えているのかを想定して、その問題の解決策を掲載しましょう。ユーザーが感じている問題を解決できる情報はコンテンツです。

明確に絞り込んだユーザーが抱えている問題を解決できる情報をピンポイントで掲載できれば、コンバージョンに繋がる可能性も非常に高くなります。自社のお客様は誰で、どんな問題を解決したくてホームページを訪れるのかを明確に想定してコンテンツを作成しましょう。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

売上げの減少を食い止めたい

周囲の環境がとても厳しい

売上げの減少の原因は何なのか

企業を取り巻く環境は年々厳しさを増していて、現在の販路だけに頼っているとジリ貧になってしまうと言う企業も多いと思います。

それで、新たな販路として、ホームページの作成へと方針を定める企業も多いことと思います。

ここで、問題になるのが、商材の競争優位です。現在の売上げの減少が、商材の競争優位はあるけれども、限られた販路や取引先だけだと、売上げが減少して行くと言う場合は、新たな販路として、全国へ販売出来るインターネットの活用はとても有効になります。

しかし、商品の競争優位が無く、競合他社に負けている状態で、販路を増やして売上げの減少を食い止めようとするのは間違いです。一つの市場で負けている商材を広い市場に投入しても、商品に魅力が無いと、ほとんど売れないか、売れたとしても、価格競争に巻き込まれて、赤字へと転落してしまいます。

売上げの減少を食い止める

競争優位があることが条件です

他社の商品と比較して、差別化出来ていて、競争優位にある商材であれば、優位性をユーザーに知らせることで、ユーザーが使用した時に得られるベネフィットが理解されれば、価格競争に巻き込まれるようなことにはなりません。

商品としての強みや企業としての強みなど、他社とは明らかに差別化できるものを持っていることが非常に重要です。勝てる商材であれば、あとは見せ方だけの問題になりますので、勝てる可能性は高くなります。

負ける商材は市場を変えても負けます

現在の市場で負けている商材は、どこの市場へ持って行ってもやはり負けます。負けることが分かっていて新市場へ斬り込むことは自殺行為です。

現在の商材やサービスが負けている部分を冷静に分析しましょう。そして、まず地域の競合に勝てる商材やサービスを開発することです。

一つの市場で勝てる商材であれば、販路を増やすことで掛け算が成り立ちますが、勝てない商材で販路を増やしても掛け算は成り立ちません。

売上げ減少の原因をしっかりと把握しましょう

売上げ減少の原因が、商品によるものでは無く、市場環境によるものなのか、商品によるものなのかを冷静に判断しないと、ホームページへの投資は無駄になってしまう可能性があります。現在の販路でも、商品の良さがお客様に伝わっていない可能性もあります。自社の商品の良さ、他社との差別化要因はどこなのか、明確に把握して、それをユーザーに的確に伝えるようにしましょう。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

ターゲットにしているユーザーに来店してもらう

集客したいお客様が検索するキーワードを明確にする

来店して欲しいお客様に来店してもらう

全く自社の商品に興味の無いお客様に来店してもらっても、売上げには繋がりません。商品に対して興味のある、コンバージョンに繋がりやすいユーザーに来店してもらうことで、売上げにも繋がりますし、店舗や商品の情報をSNSで拡散してくれる可能性も高まります。

来店して欲しいユーザーがどんなキーワードで検索しているのかを知ることは、コンテンツマーケティングの上でもとても重要です。自社とユーザーのマッチングをしてくれるのが検索エンジンです。検索エンジンがマッチングに利用しているのがキーワードで、キーワードの検索ニーズに近いページを検索上位から順に表示するようになっています。

つまり、ユーザーのキーワードの検索意図にあったページを作ることが出来れば検索上位に表示されるようになると言う事です。

ターゲットを明確にする

キーワードが分からない場合は制作会社に相談しましょう

ユーザーにどんなキーワードで検索してもらった時に来店してもらうようにしたいのかを明確に定めることはとても重要です。ユーザーが検索しているキーワードの検索数を調べる方法は、Google・Adwordsのキーワードプランナーで調べることが出来ます。プロが日常使っている言葉と、ユーザーが検索に使う言葉は違う場合もありますので、必ず確認するようにしましょう。また、検索ボリュームの大きい、ビッグキーワードは上位表示も難しいですし、上位表示できても、ユーザーの購入意志が低いことも多いので、あまり検索ボリュームが多いキーワードは選ばない方が良いと思います。

自社の商品に対して最も濃厚なユーザーに来店してもらうようにページを作ることが重要です。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

プロとしての高い専門性を伝えてユーザーに信頼してもらう

プロだからこそ分かる情報でユーザーの信頼を勝ち取る

企業としての存在価値を極限まで伝える

ユーザーにとって、訪問したホームページが商品カタログと同程度の情報しか書かれていないと、ホームページが他社との差別化が出来ず、そのホームページから商品を購入する理由がありません。

そこにプロだからこそ分かる高い専門性が掲載されていると、ユーザーはその企業に対して信頼感を感じます。

リアルの営業であれば、営業マンがお客様といろんな話しをします。何気なく話した内容からもプロとしての高い専門性が滲み出たりします。

しかし、ホームページは、企業にどれだけ高い専門性があっても、ページにコンテンツとして記載しないと、絶対にユーザーに伝わりません。美しい画像で企業イメージを伝えるのでは無く、しっかりと文章で表現しないといけないのです。

ホームページをユーザーに読んでもらえれば、商談成立になる程の情報を記載しないと、ホームページは力を発揮しません。

企業として持っている価値を余すところ無く極限まで、表現してユーザーに伝える努力をしないと、生きたホームページにはなりません。実際に毎日仕事をしていると、企業の中で行っていることが特別のことでは無いと感じている場合もありますが、一つ一つの活動が普通のことかどうか自問自答してみて下さい。プロとしての高度なこだわりがたくさんあるはずです。

プロとしての高い専門性

カタログと同程度の情報では差別化出来ません

カタログと同程度の情報しか掲載されていないと、他の店舗との差別化が出来ません。ユーザーはどこで買っても同じだと感じてしまいます。こうなると、あとは価格やサービスだけの問題になりますので、際限なく価格競争が始まります。価格競争になってしまえば、資金力の無い中小企業は脱落してしまい、ホームページの存在価値は無くなってしまいます。

価格競争に巻き込まれないようにするためにも、プロとしての専門性を強くアピールするホームページを作りましょう。企業として持っている高い専門性が企業としての存在価値です。ユーザーに企業としての存在価値を伝えることは当然のことで、ユーザーに自社を選んでもらうためには、他社は出していない専門家としての誇り高い情報を公開して、ユーザーから信頼されるホームページにしましょう。プロとしての高い専門性は、良質なコンテンツとなり、Googleからも評価され、検索順位も上がって行く可能性があります。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ