ホームページ公開後に改善すること

ホームページは公開してからの改善が勝負です

ホームページを解析できるツールはたくさんあります

Google・Analytics

Google・AnalyticsはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。Google・Analyticsでは、セッション数の推移や滞在時間÷ページ/セッションで1ページあたりの滞在時間が分かります。直帰率、コンバージョン率など、数値を把握して、改善項目を決めて改善に繋がるようにします。

Google・Search Console

Google・Search ConsoleはGoogleにインデックスされているページ数やキーワード毎の掲載順位、表示数、クリック数、CTRが分かります。その他、サイトへのリンク、外部リンクと内部リンクなどが分かります。掲載順位に対してCTRが極端に低い場合はtitleやdescriptionの改善が必要です。また、掲載順位に予想外のキーワードが表示される場合があります。想定していなかったキーワードがアクセスにつながるようであれば、そのキーワードもSEOの対象にしましょう。

アナリティクス

GRC

GRCは検索順位チェックツールです。Google、Yahoo!、Bingのキーワード毎の検索順位の推移を調べることが出来ます。さらに順位変動をグラフでも表示できるので、SEOの効果が一目瞭然です。SEOが上手く行っているのかどうかの判断基準になります。

UserHeat

UserHeatは、アクセスしたユーザーの動きを可視化するツールです。熟読エリアはページのどこまで、ユーザーが読んでくれているのか分かります。終了エリアでは、どこで何%が読んでいるのか数値で分かります。クリックでは、クリックされているポイントが分かります。例えば画像をクリックされているけれど、リンクが挿入されていないとすれば、リンクを挿入すると、離脱率を下げることができます。

その他のツール

この他にも、ヒートマップ付きアクセス解析Ptengineや、アクセスしたユーザーの属性が分かるJuicerなど、いろんな解析ツールがあります。

リアル店舗の場合、ユーザーの来店に結びついた媒体や店内の動線などのデータを得ることはとても難しく、ほとんど感に頼って改善をするしかありませんでした。しかし、ホームページはデータで実績を確認することが出来るので、どこが問題なのかを掴むのはとても簡単です。

ホームページを改善しようと言う意志さえあれば、ホームページはどんどん良くなって行きます。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

ホームページのアクセスが無ければ改善項目も見つかりません

Search ConsoleもAnalyticsもホームページのアクセスが無ければデータは集まりません

ホームページのアクセスを増やさずに他の項目を改善しても効果は少なくなります

ホームページは公開してしばらくすれば、ある程度のアクセスを獲得出来ないと、ホームページの改善についてのデータも集まりません。

そもそも、来店客のいないお店のレイアウトや陳列方法を変えても売上げは発生しません。お店を作る場合も、ホームページと同様にユーザーの動線を意識してユーザビリティの良いホームページを作成しますが、実際にユーザーが来て見ないと分からないことが多いのです。

しかし、ホームページを改善しようにも、アクセスが無ければ何もデータは得られません。売れるホームページにするには、まず、アクセスを確保しないといけません。

集客方法には、PPC広告、SEO、SNSなどの集客手段があります。PPC広告はコンバージョンの高いユーザーにピンポイントで打つことが出来れば効果があります。SNSは情報源として価値の高い人が拡散してくれれば効果が高くなります。SEOは良質なコンテンツの公開を継続するここと、外部リンクを得られると効果が高くなります。

アナリティクス

安定したアクセスを稼ぐにはSEOが最も有効です

PPC広告は出稿を止めると、売上げ無くなってしまいます。また、単価や利益率の高い商品じゃないと赤字になってしまう危険性もあります。SNSはバズれば一気にアクセスを伸ばすことが出来ますが、安定してバズることは出来ません。

その点、SEOはブラックハットSEOなど、危険な手法を採用していなければ、安定した順位を確保出来ます。

ホームページの公開直後からそこそこのアクセスがあれば、すぐにデータを下にページの改善に取り掛かることができますが、アクセスが無いと、公開してからSEOを行って、効果が出るまで3ヶ月程度かかってしまうので、ページの改善に取り掛かるのがとても遅くなってしまいます。

ホームページは制作段階で、ターゲットキーワードを決めて、そのキーワードで上位表示できるように制作するのがとても大切です。ターゲットキーワードで上位表示出来れば、CTRや直帰率やコンバージョンやヒートマップでページの離脱ポイントの改善がすぐに出来ます。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

Google・Search Consoleから検索順位を改善する

Search Consoleで検索順位と表示回数を調べ改善する

表示回数は多いが惜しいキーワードを見つける

Search Consoleの「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」でクリック数、表示回数、CTR、掲載順位のチェックを入れます。そして、表示回数と掲載順位を見ます。ただし、ホームページを公開して3ヶ月未満の場合は、検索順位の変動も大きく、記載されているキーワードが今は圏外に落ちているということもあります。

表示回数が数十回あって掲載順位が11位以下のキーワードを探します。10位までのクリック率が48.16%なので、、10位以内に表示されれば最低でも、表示回数は2倍になります。さらに21位以下に表示されている場合はもっと多い表示回数になる可能性があります。

次に、「site://URL キーワード」で検索します。そこで1位に表示されるページが上位表示を目指すページです。「site://URL キーワード」で2位以下のページにキーワードが記載されていますので、そのページから上位表示したいページへ向けてそのキーワードをアンカーテキストにしてリンクします。

内部リンクを集めているページは重要なページとしてGoogleに伝えることが出来るので、惜しいキーワードのページへ向けて内部リンクを設置して、上位に表示するように内部対策します。

キーワード

CTRの改善

次に、掲載順位とCTRを見てみます。

英NetBoosterが公開した2014年の検索順位別クリック率データは以下です。

1位 19.35%
2位 15.09%
3位 11.45%
4位  8.86%
5位  7.21%
6位  5.85%
7位  4.63%
8位  3.93%
8位  3.35%
10位 2.82%

このデータと比較して、検索順位のCTRがこのデータよりも低い場合は、titleやdescriptionをクリックしたくなるような文章に変更します。

titleやdescriptionを変更して、CTRを確認して、差があればまた修正するの繰り返しで、PDCAサイクルを回してCTRを改善して行きます。

このようにSearch Consoleでは、ホームページへのアクセスを改善するデータが得られますので、一番最初に取り組む改善項目です。

Google・Analyticsで改善しようにもアクセスが少ない状態では、改善しても効果が少ないので、まず、アクセスを獲得することが重要です。ホームページを公開してから行う改善作業はどれも地味なことで、辛抱強く取り組む必要があります。大変なことですが、行った事は必ず効果になりますので、頑張りましょう。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

直帰率が高いのはtitleやスニペットから期待する情報と違うからです

titleやスニペットからユーザーが期待する情報を掲載する

titleやスニペットに合ったページを作成する

Search Consoleから、検索順位やCTRが改善できたら、次はホームページの直帰率の改善をします。直帰率が高いのは、検索結果で表示されるtitleやスニペットからユーザーが期待している情報と実際に訪問したページの情報が違うからです。

改善に取り掛かるページは流入の多いページから順に取り掛かるのが基本です。

titleやスニペットからユーザーが期待している情報を考えて、ページを修正します。修正した効果を確認して、目標に対して差異があれば、さらに対策を考えて実施するを繰り返し、PDCAサイクルを回しながら改善を続けて行きます。

ユーザーが望んでいる情報は何なのか、ユーザーの立場になって考えて下さい。企業側が出したい情報とユーザーが求めている情報は違う場合が多くあります。ユーザーが求めている情報が何なのかを深く考えるようにしましょう。

リンク

本文からリンクを設置する

ユーザーが訪れたページから次の情報へのリンクが無ければ、ユーザーはそのまま帰ってしまいます。美術館などでは、順路が表示してあり、来客の導線を明示しています。ホームページでも同様にユーザーを導くリンクを設置する必要があります。

1ページで完結するページであれば、直帰率が高くても問題ありませんが、複数のページに渡って情報を記載している場合は、関連ページへのリンクを設置していないと、ユーザーは関連情報があることすら分かりません。

極端な話しをすると、ユーザーが内部リンクをクリックさえしてくれれば直帰率は下げられるので、目立つところに関連リンクを設置するのも方法です。

ページを読みやすくする

情報を箇条書きにしたり、適切な見出しを付けたり、行間を空けたりして、ユーザーが読みやすい文章にすることも大切です。行間を空けずにずーっと文字が続いていると、ユーザーは読み続けることが出来なくなって離脱することがあります。

ユーザーにとって読みやすく、さらにサイト内を巡回しやすいようなナビゲーションの設置も直帰率の改善につながります。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

ヒートマップを使って離脱ポイントを改善する

Google・Analyticsでは離脱ページは分かりますが離脱ポイントは分かりません

ヒートマップを使って離脱ポイントを見つけ出す

ネット上には無料のヒートマップツールが公開されています。ptengineuserheatなどが代表的です。Google・Analyticsでは、離脱ページは分かりますが、離脱ページのどの部分が離脱ポイントなのか分かりません。離脱ポイントが分かるとホームページのどの部分を改善したら良いのかが分かります。

離脱ポイントが明確に分からないと、離脱ページを闇雲に修正することになり、その修正が効果を発揮するかどうか分かりません。修正ポイントが明確に分からないので、対策が修正すべきポイントに的確に合ってているがどうか分からず、時間と労力を無駄に使うことになりかねません。

ヒートマップの熟読エリアや終了エリアなどで、どこで離脱したのかを特定します。ページの下へ移るほど離脱率は高くなりますが、その中でも特に大きく離脱率が上がった部分を修正します。大きく離脱率が上がったのは何故なのかを考え、改善できると思われる内容に修正します。

クリックヒートマップでクリックの先のページの情報が適正か考える

クリックヒートマップでクリックの多いリンクについては、特に「このリンクをクリックする人は次にどんな情報を期待しているのか」を考えます。ユーザーが期待する情報があるのかどうか考えます。

ほとんど同じ情報を見せていたり、もっと詳しい情報を求めているユーザーに違う情報をみせている場合があります。ユーザーが期待する情報が記載されていないとすれば、ユーザーファーストのホームページではありません。

ページの修正すべきポイントが明確になれば、その部分を集中的に修正して、効果の検証をするサイクルを続けて行けば必ずページは改善します。

ホームページの公開後は、このような細かな修正を繰り返して、良いホームページにして行きます。

ホームページを制作する段階で、ターゲットやキーワードの選定など、ユーザーを明確に絞り込んだWEBサイトの制作が重要ですが、公開してから、データを元に修正することの方が重要なのです。ホームページが納品された段階で完了ではありません。

納品後のホームページの改善や更新を十分に行ったサイトは競合他社を追い越してユーザーに信頼されるサイトに成長して行きます。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

ホームページ公開後の更新や修正は重要な作業です

ホームページはデータで更新ポイントや修正箇所が見つかります

ホームページは納品時点で完成ではありません

ホームページ制作会社でも、ホームページ公開後のユーザーの動線を完全には予想できません。また、納品したらそれで終了で、データを元にホームページの改善を行わない制作会社がほとんどです。制作会社と保守管理契約書を締結しても、ページの修正は発注企業からの要請によるものだけで、制作会社がSearch Consoleヒートマップを使って積極的にホームページの問題点を見つけ出して改善すると言う事はありません。

しかし、私たちは、ホームページを制作するにあたって、ユーザーと目標を共有して、その目標が達成出来るまで、ページの修正を行うことが基本だと考えています。

ホームページを公開したらすぐに目標が達成出来る事はほとんどありません。公開後に問題点を把握して、改善を積み重ねることで徐々に目標に近付いて行くのです。改善する項目は全てデータで把握できますので、対策が有効だったかどうかも把握できます。

地道に地道に改善作業を続けて行くことでPDCAの管理サイクルが回りホームページはどんどん良くなります。

納品した部分までの改善は私たちの仕事だと思っています。

改善

ページの更新、情報の追加は運営企業でお願いします

ホームページ公開後に新しいコンテンツを追加する作業は、基本的にホームページを運営している発注企業側でお願いします。

制作会社では企業内にあるコンテンツを見つけ出すことは出来ません。コンテンツは企業内で仕事をしている人が見つけ出してホームページに掲載するのが、一番生々しい情報を掲載できるので、ベストです。

コンテンツは社内にあるユーザーにとって嬉しい情報なので、制作会社が勝手に作り出すことは出来ません。発注企業から情報をお聞きしてコンテンツを掲載することもできますが、現場で直接仕事をしている人では無いので、現場の生々しい情報では無くなるので、ユーザーの心に届きにくくなってしまいます。

私たちは、WordPressでホームページを納品しますので、ページの更新はBlogを更新する感覚で出来ますので、初心者でもとてもハードルが低く更新することができますので、兼務で良いので、是非WEB担当者を選任して下さい。

Googleは良質なコンテンツを掲載しているページを評価しますが、良質なコンテンツを大量に掲載しているサイトはドメインそのものを評価するようになります。そして、良質なコンテンツには、リンクが張られる可能性が高くなりますので、被リンクの評価も加わって検索上位に表示される可能性が高くなります。

ホームページは納品時点で完成品では無く、公開後にデータを元に修正を行うことと、社内で見つけ出したコンテンツを公開することがとても重要です。実際に成果を上げているホームページはWEB担当者が毎日のようにホームページを更新したり改善したりしているサイトです。公開後ほったらかしのホームページが成果を上げることはありません。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ

ホームページのチューニングは当たり前です

公開後にユーザーに合わせて最適のセッティングを見つけ出す

F1マシンがサーキット毎にセッティングを詰めて行くのと同じです

ホームページは制作に入る前にターゲット顧客を想定して、競合分析を行い、自社の強みも勘案して、サイト制作します。しかし、想定はあくまで想定でしかありません。事前にペライチなどで、ターゲットユーザーと掲載予定のコンテンツが合っているのか、確認する方法もあります。

それでも、実際にホームページを公開すると、想定と違うユーザーの動きがあります。この想定と違うユーザーの動きに対して対処して行くのは、ホームページを運営するのであれば当然の作業です。

これは、F1マシンがそれぞれのサーキットに合わせて決勝に向けてマシンをセッティングして行くのと、同じです。F1マシンはその年のレギュレーションに合わせて、転戦するサーキットに最適のマシンを設計します。そして、ドライバーはシミュレーターでサーキットを事前に体験し、エンジンのマッピングなども行いますが、実際にサーキットを走ってみないと分からないことがたくさんあります。

シャーシやエンジンの基本設計で勝敗が付いてしまっている場合もありますが、サーキットに行ってからのセッティングで勝敗を決定付けることもあります。

F1

想定と違う部分を詰めて行くのがサイトの改善です

ホームページを公開しGoogle・AnalyticsやSearch Consoleのデータを見ると、想定とは違うことがたくさん出てきます。ターゲットキーワードでの検索順位やCTR、直帰率や滞在時間、ページビュー、コンバージョンなど、確認する項目はたくさんあります。

それぞれの項目について、原因を考え、対策を実施して、結果を検証して、さらに目標との差について原因を考え・・・・とPDCAサイクルを回しながらホームページの改善を行って行きます。

改善を積み重ねてホームページが育って行くのはとても楽しいことで、やりがいのあることです。ホームページが納品されたら、それで完了とは考えずに、データを見ながら改善を続けて行って下さい。改善を制作会社に依頼するのも方法ですが、WEB担当者がコンテンツの追加と共に改善作業内部対策も行うのが、一番良い方法だと思います。

内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ