FTP情報が分からないとSEO対策はできません

LINEで送る
Pocket

SEO対策は既存ページに改善を加えるので、サーバーにログインできなければ対策は出来ません

サーバーへのログイン情報はレンタルサーバー会社から通知されています

SEO対策は既存のホームページに手を加えるので、既に公開しているホームページのファイルをアップロードしているサーバーに接続しないと、対策は出来ません。

サーバーへログインする情報は、ホームページを公開する時に契約したレンタルサーバー会社から書面で届いています。レンタルサーバーを直接契約していない場合は、当時のホームページ制作会社からログイン情報が届いているはずです。

サーバーSEO対策を実際に行おうとする段になって、サーバーへのログイン情報が分からない場合がたびたびあります。

自社でホームページの更新は行わない前提だったので、ログイン情報などはあまり重要とは考えていなかったのかも知れませんが、ログイン情報が分からないと、レンタルサーバー会社に情報を再発行してもらわないといけないので、SEO対策にとりかかるのに時間がかかります。

SEO対策を依頼する場合には、事前にサーバーのログイン情報が手元にあるか確認して、もし、見つからない場合は、レンタルサーバー会社に再発行してもらうよにして下さい。

coralnetはcoralnetの回線経由じゃないと更新できません

富山県内で利用者が多いcoralnetですが、coralnetはFTP情報が分かっても、coralnetの回線を使用していないと、サーバーにログインすることが出来ません。

coralnetのサーバーを利用している企業様の場合は、弊社で下準備をした上で、ご契約いただいた企業のパソコンから更新作業を行わせていただきます。

他の大手のサーバーでは聞いたことが無い事例なのですが、coralnetでは、セキュリティのためと言っています。サーバーのログイン情報は、簡単に知ることは出来ません。会社のホームページを自宅から更新したいWEB担当者もいると思いますが、そのような人にも対応できない接続制限がなされています。

ホームページ制作会社、SEO対策 富山県 ・内部対策で適切なページにリンクジュースを渡す ・検索エンジンで上位表示できる良いWEB制作会社を選ぶ方法 ・SEO対策の決め手は他社を圧倒的に凌駕するコンテンツの質と量です

ホームページ制作、SEO、運営の質問相談お問い合わせ